バイ貝(エゾボラモドキ)って唾液腺で食中毒になるの!?

2020年4月16日

バイ貝(エゾボラモドキ)って唾液腺で食中毒になるの!?

バイ貝(エゾボラモドキ)って唾液腺で食中毒になるのご存じですか?
この度、初体験してしまいました。。。

普段、調理済みのバイ貝しか食べたことがなかったのですが、
サザエと同じ感覚で調理したのが失敗でした。

自宅でアヒージョをしてバイ貝を食べた後、30分もしないうちに、目がクラクラする症状がでました。
自分は余り酷い状況にならなかったのですが、吐き気がする人や、真っ直ぐ歩けなくなる症状が出る方もいらっしゃるようで、注意が必要な食材でした。
数時間で回復するので、しばらく安静にしておけば大丈夫な食中毒だそうです。しかしめまいが酷いと二次災害が発生してしまうことも考えられますので、状況によって、救急車を呼ばれることをおすすめ致します。

これから紹介をさせて頂く記事や写真は、滋賀県のWebサイトを丸々コピーさせて頂きました。
特別な許可を頂き、掲載をさせて頂いております。
(2020年1月27日)
滋賀県 知事公室 広報課 広報係D様、
滋賀県 生活衛生課のご担当者様、
並びに、決済を頂きました皆様、ありがとうございます。

バイ貝によるテトラミン食中毒の予防

平成19年11月、京都市内の魚介類販売店で貝を購入した人の家族が加熱調理して食べたところ、目のかすみ等の症状を呈するという食中毒が発生しました。

調査の結果、購入した貝は、主に日本海の深海に生息している「エゾボラモドキ」という巻き貝であることが判明し、また、残っていた貝を検査したところ、テトラミンという神経毒素が検出され、食中毒であると断定されました。

<エゾバイ科の巻貝について>

エゾバイ科のエゾボラ属およびエゾバイ属の肉食性の巻貝は、「バイ貝(ツブ貝)」と呼ばれ、エゾボラモドキ、ヒメエゾボラなどがあります。

これらは、唾液腺テトラミンという物質を含んでいます。

テトラミンは、貝の種類や個体によって、その量は異なりますが、加熱しても分解されません。

唾液腺を食べると、通常30分から2時間後に、テトラミンの薬理学的作用により、ものが二重に見える等の視覚異常、めまい等のめいてい感や、吐き気、頭痛等の食中毒症状が現れることがあります。

一般的に症状は、一過性で比較的軽く、死亡例はありません。

バイ貝(エゾボラモドキ)って唾液腺で食中毒になるの!?滋賀県 知事公室 広報課 広報係の写真を特別な許可を頂き、らっき~ブログで利用をさせて頂いております。

【上の写真】平成16年11月に大津市内で発生した食中毒の原因となったバイ貝
◆大きさ : 約15cm×9cm 約250g
◆貝殻(から)は厚く、淡褐色

【下の写真】殻(から)から身を取り出し、貝のフタを下にして、中心を切り開いたところ
◆赤点線で囲んだ部分が「唾液腺」
◆この部分を取り除いて下さい。

バイ貝(エゾボラモドキ)って唾液腺で食中毒になるの!?滋賀県 知事公室 広報課 広報係の写真を特別な許可を頂き、らっき~ブログで利用をさせて頂いております。

エゾバイ科の巻貝を調理する前には、必ず唾液腺を除去してください!

エゾバイ科の巻貝は、唾液腺(内臓の一部)にテトラミンという毒素を持っており、これを食べると、めまい、手足のしびれ等の症状を起こすことがあります。

テトラミンは、貝の種類や個体によって、その量は異なりますが、加熱しても分解されません。

バイ貝(エゾボラモドキ)って唾液腺で食中毒になるの!?滋賀県 知事公室 広報課 広報係の写真を特別な許可を頂き、らっき~ブログで利用をさせて頂いております。

写真も追記しました♪

バイ貝の記事の掲載にあたり

改めまして、
滋賀県 知事公室 広報課 広報係D様、
滋賀県 生活衛生課のご担当者様、
並びに、決済を頂きました皆様、ありがとうございます。

記事の掲載にあたり、食中毒にあった後、もう一度バイ貝を購入して、自分で唾液腺を切断したところを写真に撮ろうと思ったのですが、中々上手く撮影が出来なかったり、唾液腺の場所の見分けが素人では中々判断が付かず、困っておりました。

またバイ貝解体に挑戦をした際は、見やすい写真が撮れるようにチャレンジしてみます。良い写真が取れた際は、情報の追記をさせて頂くようにいたします。(2020年2月9日に追記いたしました)

繰り返しになりますが、
滋賀県庁のご協力を頂きました皆様、
掲載の許可を下さいまして、ありがとうございました。

滋賀県のWebサイトを見せていただいて

バイ貝(エゾボラモドキ)って唾液腺で食中毒になるの!?滋賀県 知事公室 広報課 広報係の写真を特別な許可を頂き、らっき~ブログで利用をさせて頂いております。

ユーザーインターフェースがしっかりとしていて、とても見やすいサイトでした。行政の事のみならず、こういった食中毒などの情報発信もされており、県民の方への注意喚起や、情報発信をされている都道府県は、とても良いと思います。

大阪府も、このバイ貝のサイトの掲載があったのですが、滋賀県さんの情報を、自分と同じように許可を頂いて掲載をされていらっしゃるようでした。

滋賀県では、「滋賀県のバナー」を公序良俗に反したりしないサイトであれば、バナーやサイトへのリンクをフリーで利用が出来るようにされていらっしゃいました。
また「滋賀県のホームページ」に広告(バナー)の募集をされていらっしゃって、産学官民の連携をとても考えてられると思いました。

また、自転車で琵琶湖一周をしに伺わせていただきます。
(しまった。そんな事を言ってしまって大丈夫か!?
自転車に数年乗ってないぞ(;^ω^))

らっき~自転車で琵琶湖一周をする!

琵琶湖大橋の袂にある駐車場から、2014年琵琶湖一周した時の写真。