ADLSのサービス終了にあわせて、NURO光の契約をすることにしました!

2020年3月18日

ADLSのサービス終了にあわせて、NURO光の契約をすることにしました!

ADSLのサービス終了

2025年にADSLのサービスが終了します。
この2020年3月から、順次サービスの終了されるエリアがあり、大阪でも南のエリアは、サービス終了の地域があるようです。

そこで、らっき~亭でも、インターネットの回線契約の見直しをすることにしました。

NURO光の契約

格安スマホを契約をされている方と、ソフトバンク携帯を契約されている方は、NURO光の契約がお勧めです。
今なら、価格.comを使って、キャンペーンを利用されると、キャッシュバックがされます!
価格.comだけのキャンペーン」がされていました。

ADLSのサービス終了にあわせて、NURO光の契約をすることにしました!

NURO光の機械

知ってましたか!
NURO光のモデムには、wifiが内蔵されています!
という事は、他社の製品と違い、wifiルーターを準備する必要がない!という事です。しかし、注意点が!
F660Aと8045Qについては、acの規格で、1333MHzの速度があります。
その他の製品は、n規格ですので300MHz程度の速度でしかなく、光の速度を活かしたwifiの電波が飛んでいません。

NUROの契約時に提供される機械を選ぶことが出来ません。
機械が取り付けられた後で、お客様センターへ連絡をする事で、モデムの変更が出来ます。

その際、
光テレビを見る方は、「HG8045Q」一択になります。
またNTFSを使った容量の大きいデータや、パスワード等でセキュリティ管理をしたい場合と、32台同時接続可能もできる高機能な機械です。

光テレビを見ない方、wifiの速度が速い方が良い(HG8045Qは縦方向の電波が飛びにくく、通信速度がF660Aに比べ遅いという口コミが多い点や、IPアドレスを設定しているのに勝手に書き換えて自動割り振りに切り替える為通信が安定しない)という方は、「ZXHN F660A」がおすすめです。

HG=Huawai
ZXHN=ZTE
のメーカー違いで、どちらも中国の企業です。
通常、IPアドレスの設定は、勝手に更新されず、パソコンに固定のアドレスを付けて通信を安定させる対処なので、そこを勝手に変更する機能は、かなり怪しいです。
NUROと契約をするしないも合わせて、
総合的な採否判断は、個人のお任せになります。

名称 ZXHN F660A HG8045Q HG8045D ZXHN F660T HG8045j
ダウンロード最大速度 1300Mbps 1300Mbps 450Mbps 450Mbps 450Mbps
アップロード速度 1Gpbs 1Gpbs 1Gpbs 1Gpbs 1Gpbs
周波数(片方から選択) 2.4GHz/5.0GHz  2.4GHz/5.0GHz  2.4GHz/5.0GHz  2.4GHz/5.0GHz  2.4GHz/5.0GH
特徴 IEEE802.11ac
10台接続可
FAT
IEEE802.11ac
32台接続可
光テレビ
NTFS
NAS機能
IEEE802.11n IEEE802.11n IEEE802.11n
名称 ZXHN F660A HG8045Q HG8045D ZXHN F660T HG8045j

市販されているwifiの機械で、1000Mbpsを超えている機械の中でも最新の機械だと、NUROのwifiよりも無線の通信速度が上がることも多いそうです。
また、壁を越えて通信できる通信方法が組み込まれている装置(NECさんのビームフォーミング)もあるので、状況によっては、追加でwifi設備を導入した方が良いこともあるみたいです。

それから、有線LANだと、装置(ルーター)自体が1000BASE-T(実質920Mbps程度)が多いので、今後は、無線通信が主流になっていくのだろうと思います。有線はデータが外に漏れなく、通信が安定するという点で、らっき~亭では、音響設備他、まだまだ有線の設備が多いです。

wifiの無線速度

wifiの規格の一覧です。
今の主流はac以下です。
光回線に変えた際、acの規格でwifiが飛ばないと、光回線に変えた効果が得られにくくなります。

無線LAN規格 通信速度(最大) 周波数帯
IEEE802.11ad 6.7Gbps 60GHz帯
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11n 300Mbps 2.4G帯/5GHz帯
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯

300Mbpsでも、一秒間に37.5MB(MAX)の通信速度があるので、IEEE802.11nの通信速度でも、そこそこあります。
IEEE802.11ac=6.9Gbpsの、860MB/1秒(MAX)と比較すると。。。ですが。

LANケーブルの整理とLANケーブル作り直し

LANケーブルには、通信速度があることはご存じだと思います♪
結論は、らっき~的には
光回線に変えた際は、CAT6か、CAT6Aか、CAT7を使われることをおすすめします。ケーブルの安定性で定評のある、サンワサプライがおすすめです。

サンワサプライ☆CAT7☆細径メッシュLANケーブル (5m) 10Gbps/600MHz RJ45 ツメ折れ防止 ブラック&レッド KB-T7ME-05BKR

何故か。CAT7には、シールド防止でアースを取らなければ、最大の効果が得られない作りにはなっていますが。。。帯域幅が広い=データ転送速度が速いケーブルになっています。端子形状がRJ-45ではなく、GG-45なので、規格外品になります。通常のモデムやWifiルーターなどで使う推奨品ではありませんが、ほぼ同形状(少しGG45の方が大きい)の端子で、互換性があるので使うことは可能です。

人によっては、家で使う際はCAT5eや、CAT6で十分とおっしゃられる方も多いです。その理由もわかります。
シールドにアースを取らなければ、ノイズを拾って速度が遅くなる(ことがある)!という理由があるからです。ただ、大型の業務用の機械を家に置く事がないと思うので、帯域が広い7で良いのでは?というのが、らっき~の考えです。
ただ、帯域が変わったからと言って、劇的に通信速度が変わることはありません。0.1秒を争う、ネットゲーマーの方だと、違いが判るかもしれませんが、通常使用では、通信速度の違いはほぼ感じないと思います。
その為、費用対効果を考えると、6や6Aで十分という意見も尊重します。端子形状がRJ-45という点もお勧めです。
ケーブルのノイズを拾いにくいようにされるのであれば、UTP(シールドなし)で、5m以下は撚りあり(柔らかくて使いやすい)5m以上は、ストレート(ノイズを拾いにくいが、少し取り回しがしにくい)を選ぶとよいです。

サンワサプライ☆CAT6A☆細径メッシュLANケーブル (3m) 10Gbps/500MHz RJ45 ツメ折れ防止 ブラック&レッド KB-T6AME-03BKR

CAT8は、企業のシステム向けで家庭で使う機械も出ていないので不要です。CAT5を使われている方は、速攻で5e以上に変更しましょう!

比較表 CAT5 CAT5e CAT6 CAT6A CAT7 CAT7A CAT8
伝送速度 100Mbps 1Gbps 1Gbps
10Gbps
10Gbps 10Gbps 40Gbps
100Gbps
40Gbps
周波数帯域 100MHz 100MHz 250MHz 500MHz 600MHz 1000MHz 2000MHz
Ethernet規格 10BASE-T
100BASE-T
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
25GBASE-T
40GBASE-T
シールド UTP UTP UTP UTP
STP
STP STP STP
端子形状 RJ-45 RJ-45 RJ-45 RJ-45 GG45
TERA
GG45
TERA
GG45
TERA
比較表 CAT5 CAT5e CAT6 CAT6A CAT7 CAT7A CAT8

LANケーブルの種類

LANケーブルのEthernet規格と速度の表が下記になります。
光通信が大体1Gbpsなので、5eを使っておけば大丈夫です。
つい最近、関電(EO光)が10Gbpsを始められたので、今後はCAT6が主流になるのは確実です。通信回線の見直し時に、LAN接続をされるのであれば、LANケーブルの見直しも合わせてされるとよいです。

規格 速度
10GBASE-T 10Gbps
1000BASE-T 1Gbps
100BASE-T 100Mbps
10BASE-T 10Mbps

らっき~の場合は、使う環境に合わせて、ケーブルを切って長さを合わせて、端子部分を作り直すので、こういった道具を揃えています。
RJ-45規格の道具です。通常の家庭用LANケーブルにはこれ一つで十分です。むしろ、不要な道具もこのセットには入っています。殆ど、カッターナイフで代用できます。それと、RJ-45規格でもCAT6A(STP)のケーブルは作れません。自分はまだ、GG45規格の端子だけが売られているのを見たことがありません。

LANケーブル自作工具キット LAN圧着ペンチ ストリッパー付き テスター コネクター10個 ブラグ ネットワーク修理ツールボックス付き 11点セット HUACAM HCM21

LANケーブル コネクタ プラグ RJ45 8極8芯 100個セット

カラー 選べます RJ 45 LAN ケーブル コネクタ カバー 100個 セット (青)

5eのLANケーブルを使っていたときは、RJ-45端子を使って、ジャストサイズの長さのLANケーブルで、ネット回線をサクサク動かすのが好きでした♪
職場でCAT7でテストをしてみて、自宅のCAT5eと比較をしてみようと思います♪