京阪の祇園四条と八坂神社の間にある「鍵善良房_四条本店」さんに行って来た!

2020年4月21日

京阪の祇園四条と八坂神社の間にある「鍵善良房_四条本店」さんに行ってきました♪

京都の1726年から続く老舗で、美味しい葛切りを頂けるお店です♪
(2020年4月8日に、らっき~が過去を思い出しながらブログに残しています)

高校1年の秋(1991年10月12日頃)
紅葉が綺麗という事で、京都へ遊びに行くことになりました。この頃から、観光と食べ歩きはセットみたいな感じで、京都へ♪「鍵善さん」に寄ってから、八坂神社へ訪問。近隣を散策した後、帰りに「茶寮都路里 祇園本店」で抹茶を食べて帰るという、王道コースで遊びに出かけました♪

鍵善さんでは1998年(平成10年)に全面的な改装を行われました。その後、自分が訪問をしたのが2009年。食べログでは「15年ぶりくらいに、祇園四条にある、美味しいくずきり屋さんへ行ってきました!」と記載をしておりましたが、この15年振りというのは、1991年を指していました。おおよそ20年振りに訪問していた事になりますね
(*´ω`*)

当日一緒に訪問をしていた都路里さんは「都路里さんのらっき~のブログ」をご覧ください♪

「鍵善良房_四条本店」さんの料理、飲み物

葛切り初経験!で、鍵善さんへ訪問です!
どういった形で葛切りが提供されるのかも、全く知らずに訪問しました。白蜜(砂糖)か、黒蜜(黒砂糖)を選んで注文をするのは、この時も同じ♪甘い物好きな自分は、迷わず黒を選びました♪

「鍵善良房_四条本店」さんの葛きり

お重の容器に入れられた、葛と黒蜜♪テーブルや服に蜜がついてしまうと、取るのが大変なほど、濃厚な黒蜜が出てきました♪葛は透き通ったような色で、とても美味しそうです!素麺の様に水につけられた状態で提供されますが、しっかりと濃厚に作られた蜜に、水が多少残っている状態で付けて頂いても、十分甘みを感じるようにされていました!

(写真は2014年11月に訪問をした際に撮影したものです)「鍵善良房_四条本店」さんの葛きり

「鍵善良房_四条本店」さんの雰囲気

初訪問をした1991年は、まだ、鍵善さんが全面改装をされる前(1998年に改装)だったので、テーブルや椅子が年季が入っている感じを受けました。でもでも、とても落ち着いた雰囲気のお店で、接客も丁寧でした。お店の雰囲気だけを考えると、高校生だった自分には、まだ似合わないような感じでした。

来客されている方も、どちらかというと年配の方や、京都にお住まいだろう地元の人が沢山いらっしゃる感じでした。

「鍵善良房_四条本店」さんのおすすめポイント、まとめ

鍵善さんは1726年から続く老舗で、もうすぐ300年です。
皆に応援や、愛されて長くお店をされている事が判ります。

最近、京都観光に、中々伺えていませんが、
「京都で美味しいお店」と聞かれた際に、必ず候補に挙がるお店なので、祇園四条近辺へ出かけられる際は、一度は訪問されてみても良いかも♪
おすすめです。

「鍵善良房_四条本店」さんの葛きり

「鍵善良房_四条本店」さんの食べログリンク

関連ランキング:甘味処 | 祇園四条駅京都河原町駅三条京阪駅