京阪盛り上げ隊「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ブログ収入、アフェリエイト編」

2020年4月20日

京阪盛り上げ隊「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ブログ収入、アフェリエイト編」

ブログで収入に繋がる方法として、アフェリエイトと広告の2つが挙げられます。
もしかしたら「そもそもアフェリエイトとは何?」と言われる方もいらっしゃるかも。

アフェリエイトとは

アフェリエイトとは

アフェリエイトとは「誰かが、インターネットで販売している製品を、ブログで紹介して、仲介手数料をもらおう!」という物です。
製品は、必ずしも「物」でなくても、「広告」も仲介手数料をもらえたりします。
そういったシステムが、ブログ収入になります。

アフェリエイトを使った情報発信方法

では、その情報発信を何で行なうか?という検討が必要になります。
アフェリエイトの情報発信の方法としては、

  1. ブログ
  2. メルマガ
  3. ホームページのサイト

にて、情報発信を行なうことになります。
一般的には、個人の方がされる方法としては、ブログを選ぶことになります。
なぜなら、

  • メルマガは、受け手のメールアドレスが必要であり、不特定多数の方向けの情報発信が出来ない。
  • サイトの立ち上げには、多少のHTMLの知識が必要になったり、サーバーの準備やドメインの取得などなど、手間が必要。

です。

京阪盛り上げ隊「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ブログサイト検討編」のイメージ

昔に比べるとWordPress(ワードプレス)などのCMS(content management system)なども開発されているので、ブログもオリジナリティが出しやすくなっていたり、アフェリエイトの導入も、しやすくなっております。
また、サーバーの契約も小額になりましたし、無料のレンタルサーバーなどもあります。更に、ドメインの取得も簡単になっております。
しかし、少しばかり、HTMLの知識が必要になります。
そうった、HTMLの知識がなくても使える、とっつきやすいのが「ブログ」です。
恐らく、皆さんも知識が付いてくると、例えば
無料ブログ → 有料ブログ → 無料レンタルサーバー → 有料レンタルサーバー
という流れになってくると思います。

らっき~個人的な意見としては。。。
いきなりサーバーを借りて、ドメインを取得するのはお勧めしません。
筆まめかどうかが、最大の要因です。
今なら、上手に情報発信を行えば、Instagramも収入に繋げられるので、筆不精になる可能性がある方は、Instagramの利用をお勧めします。
続けてブログを100件以上書ける自信のある方であれば、ドメインの契約をされても良いかもしれません。

投資金額も「小学生でも使えるサーバー!」という宣伝文句で営業されているサーバーもあります。ドメインも月割すると数百円という価格なので、ブログの移行を考えると、最初からドメインを取得して、サーバー契約をしてからブログを始めておいた方が良かった。。。という事も考えられます。
らっき~もブログサイトの移行に3回も失敗を繰り返しています。
悩みどころです。

Livedoorブログを使ったアフェリエイトとは

Livedoorブログなどを使うと、広告収入を得ようとすると、
広告代理店的な動きをされている会社と契約をして「記事自体に広告収入を張り付ける」という方法になります。基本的には、Livedoorブログなどの運営から収入を得られるようになろうと思うと、月に数十万人の訪問者数がないと広告収入は得られないと思います。一日数百人の訪問では、Livedoorなどからのブログサイト運営会社からの収入の発生はありません。

広告代理店的な動きをしている会社の広告は、サイトに表示されるだけでは、ほぼ収入はありません。少なくともクリックをしてもらったり、広告を見た方が購入をして頂かないと収入が発生しないようなシステムになっています。なので広告のみで収入を得ようと思うと、「Google Adsence」と契約することが目標になります。
昔は、結構簡単にGoogle Adsenceと契約が出来たそうです。今は、情報が溢れているので、オリジナリティがないと、「Google Adsence」とは契約できなくなっています。詳しくは別のページで紹介いたします。
「Google Adsence」と契約を行うには、少なくとも100ページ程度は記事を書かないとダメな事だけ、今は説明しておきます。これはYoutubeのユーチューバーになろうと思われている方も同じで、初期の段階ではある程度の訪問者数とファンの方がいらっしゃらないと、投稿した記事自体に広告を張り付けられないのと同じシステムです。

最初の段階では、何かしらの商品やサービスを紹介することで、アフェリエイト収入に繋がるような記事を書いたり、長く続けられるような自分の趣味などで、有意義な情報発信をされることが良いと思います。