「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ASPの(poimo(ポイモ)導入、設定編」

2020年4月20日

「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ASPの(poimo(ポイモ)導入、設定編」

poimo(ポイモ)は他のアフェリエイトサイトに比べると、設定に少し手間取りました。色々と調べて設定を行いましたので、判りやすくまとめてみました。

★広告(ASP)の会社は1~3社に絞った方が良いです。
らっき~の場合ですが。。。管理が大変になりました。
広告が終了した際に、記事を削除したり、修正したり。。。

poimo(ポイモ)の設定方法が、中々判らず、挫折した人もいるはず!サイト上の説明文では、
~~~~~~~~
確認方法…バリューコマースの管理画面にログイン後に、Yahoo!ショッピングのMylinkコードを取得してください。
※過去に取得したコードでも可。コード内に「sid=*******」(4~7桁の半角数字)、「pid=*********」(9桁の半角数字)が含まれておりますので、
その4~7桁、9桁の数字をそれぞれ入力してください。※数字以外の記号(=など)が含まれると成果が正しく反映されませんのでご注意ください。
~~~~~~~~
となっております。
poimo(ポイモ)は、先にも話をしていた、yahoo!ショッピングなんかと結構提携しているサイトです。この説明文が、中々理解できずにいました。

皆さんも恐らくは、
SID= サイトID =  バリューコマース のサイトの上部に表示されている、「サイトID」だとお分かりになられると思います。
しかし、PIDって何ぞや?となりませんでしたでしょうか。。。
PID= バリューコマース 上で、yahoo!ショッピングのアフェリエイターが誰だと示しているIDが、PIDとなります。
そのPIDの確認方法は、
バリューコマース のhome画面より上部メニューバーの広告の作成/管理
→ 提携済みプログラム
→ yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)(サイトを見る)
→ アイコンの「広告作成」
→ 左側の広告タイプの一覧内にある「MyLink」 
と進むと、この画面になります。

「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ASPで広告を選ぶ(valuecommerce(バリューコマース)編」

step.1 =得にすることなし
step.2 =コピーしたURLを貼り付けるを選択し、
ヤフーショッピングで適当に商品を選んで記載
広告となるテキストを入力に、適当に名前を記載
step.3 = 「MyLinkコードを取得」をクリックすると、コードが出力されます。そのコードは、
<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid="4~7桁の数字&pid="9桁の数字&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fkonpiraya%2Fwa-han1200g-1.html%3Fsc_i%3Dshp_pc_search_searchZeroMatch" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid="4~7桁の数字&pid="9桁の数字 height="1″ width="0″ border="0″>うどんのこんぴらや</a>
という文章になっているはずです。
ここで確認ができる、この"4~7桁の数字 “"9桁の数字“が、必要です。

その4~7桁の数字と、9桁の数字を握り締めて、
poimo(ポイモ)の左上のSID(4~7桁)、
PID(9桁)にそれぞれほりこんでください。

「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ASPで広告を選ぶ(valuecommerce(バリューコマース)編」

さすれば、欲しい製品を検索して、「モジュールの生成」をクリックすれば、欲しい製品の広告が出来るはず!

ここで注意点!SIDのコードを、4~7桁としたのは、直近の登録をされた方は、7桁の数字だと思うのですが、かなり古いアカウントをお持ちの方だと、4~6桁の方もいらっしゃるようです。そこで、4~7桁という表記にさせていただいております。
また、先のASPで広告を選ぶ(valuecommerce(バリューコマース)の例)の、valuecommerce(バリューコマース)の広告の作り方の途中に記載しておりましたとおり、各広告毎に指定されている、PIDとは違います。
poimo(yahoo!ショッピング)に使う、「PID=バリューコマース上で、アフィリエイターが取得する広告コード1つ1つに付与されるID」の設定方法が、上記の方法になります。

どうでしょう?できましたか??