「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ドメイン取得のサービス会社検討編」

2020年5月24日

「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ドメイン取得のサービス会社検討編」

他の人のブログや、複数のWebサイトを管理することがない方は
「サーバーとドメインをセットで取得」すべきなので、
このページは飛ばしてください。
このページでは、ドメインの取得サービスをされている会社を
紹介しています。

ドメイン取得の考え方

ドメインの取得の考え方は色々とあります。
らっき~的には、サーバーの契約と、ドメイン(.co.jpや.com)の取得は別にしておいた方が良いと思っています。理由は、
「より高性能(低機能)のサーバーに契約をし直す際に、ドメインの移管手続きが不要になる」からです。
ドメインと、サーバーの契約の考え方は、

  1. ドメインとサーバーの管理を一つにまとめられる。
  2. サーバーとドメインを別で契約していると、サーバーの切り替え時の手間が省ける

のどちらかで、決定をされると良いです。
細かく言えば、メールアドレスの取得数の制限や、通信速度なども検討の必要があります。

らっき~の場合はサーバーを「エックスサーバー」と契約をしました。
エックスサーバーでは「ドメイン1つプレゼント」というサービスがあります。
加えて、複数のドメインを無制限に管理できる!というサービスがあります。
メールアドレスも無制限に取得できます(メールの容量は5GBです)
個人で利用するにはもったいないサーバーです。

らっき~の場合は、会社のホームページを管理するという点で、複数のドメインの管理が出来て、通信速度が速くサーバーがダウンしにくくて、通信制限の容量も大きい、比較的高性能のサーバーを契約しました。
元々、複数個のドメインを元々管理する必要がある為「lucky_luckizo.com」のドメインは別で契約を行う必要があります。そこで利用したのは「お名前.com」です。

ドメインを割り振る「日本国内のレジストラ」はGMOがやっています。
GMO=「お名前.com」です。お名前.comを利用せずとも、サーバーとドメインをセットで契約する場合、GMO系列のサーバーと契約する方法もありです。
自分でホームページサイトを立ち上げる為の、最初の取り掛かりは、独自ドメインを取得することとセットで、サーバーをどこにするかです。

「らっき~」のブログ復活に向け、立ち上げからの奮闘記録「ドメイン取得のサービス会社検討編」イメージ

ドメインの提供会社

お名前.com

登録実績1600万件を誇る国内最大級の ドメイン公式登録サービス。
.com .net .jpドメインなど、540種類以上のドメイン取得 が可能です。 使いたいドメインをあらかじめ確認できる方法 が判りやすくて使い勝手が良いです。サーバーを変更しても、ドメインを変える必要が無い為、プロのホームページ製作会社も、ここを使われていることが多いです。ドメインのリセラ(再販業者)ではなく、レジストラ本体なので会社が廃業することもないので、信頼性が高い点もおすすめ度が高いです。GMOのグループ会社です。
らっき~は、ドメインの取得は、お名前.comで行いました。
Webサイト制作会社は、大体「お名前.com」を利用します。

ムームードメイン

「ムームードメイン」は、.com .net .jp .co.jpなど多種多様なドメインを取得・登録できる 国内最大級のドメイン総合サービス会社です。取得した独自ドメインで利用できるメールサービスなども充実しており、こちらも、個人でされているホームページ製作主も利用されていることが多いです。格安サーバーのロリポップやヘテムルとの連携も簡単な点が特徴です。GMOのグループ会社です。

エックスドメイン

ドメイン取得&無料レンタルサーバーサービスの「Xdomain(エックス ドメイン)」は、「Xserver」系。さくらインターネットと同じ系統の会社です。お手ごろ価格でのドメイン提供に加え、ドメインの運用に便利なレンタルサーバーも提供されている会社です。エックスドメイン系の会社では、WordPress機能、PHP、メール機能も提供しています。低機能から高機能のサーバーの移行も比較的簡単に行えます。

スタードメイン

スタードメインは、京都にあるネットオウル株式会社が運営されています。 電話サポートはされておらず、どちらかというとサーバーとの同時契約で、価格が安いことをPRされていらっしゃる会社さんです。

efd457757098e5b0d1023e42a50b1c78_s

エルドメイン

エルドメインは、JPドメイン以外は、アメリカ大手レジストラenom社を利用しております。 2018年時点で、2013年よりホームページの更新もされておらず、JPドメインを他社から移転(移管)する際の手数料が無料なのと、JPドメインの更新手数料が他の事業者と比べ格安の価格に設定されており、色んなことを知っている上級者向けの会社かもしれません。

ドメイン総合サービス【VALUE-DOMAIN】

デジロック運営のドメイン取得のための格安サービス。同社の格安サーバーであるxreaやcoreserverとの連携がしやすい点でおすすめです。機能が充実しており、ユーザー間でのオークション機能なども利用できます。
GMOのサービスを利用しています。

さくらインターネット

元々は、レンタルサーバーを提供されている会社。レンタルサーバーと併せて申込みいただくとさらに便利です。請求書などを一括にまとめたり出来るため、ドメイン単独会社より、使い勝手は良いですが、その分、多少の価格差が発生してしまいます。サクラインターネットさんは利用者も多く、色んな設定方法が調べ安いことや、会社的にも価格提示をしっかりされているので、らっき~個人的に、初心者の方の安心度が高くおすすめだと思います。

ドメインの価格・サービスの比較表

ざっくりと、いくつかドメインのサービスを提供されている会社を紹介いたしました。価格的なメリットや、大まかなサービスを一覧にしてみました。

ドメイン取得サービス比較表
公式サイト 価格 ドメインの種類 WHOIS代理公開 キャンペーン開催 サポート 備考
お名前.com ◎最安値1円 ◎540種類以上 無料 多い、1日数件入ることもある ◎24時間365日無料 激安!電話サポートも無料でイチオシ!
ムームードメイン 無料 普通 初心者でも使いやすい
エックスドメイン 無料 普通 高機能サーバーとの連携が強い
スタードメイン 無料 普通 無料のサーバーもあり
エルドメイン
VALUE-DOMAIN 無料 少ない 上級者向け
名づけてネット 無料 普通 NTT運営法人向け
ゴンベエドメイン 有料 少ない 種類が豊富400種類以上
Doレジ 無料 少ない 電話サポートあり
公式サイト 価格 ドメインの種類 WHOIS代理公開 キャンペーン開催 サポート 備考

「ドメイン永久無料サービス」を、副業で提供しているレンタルサーバー

ドメインの維持費は、ない方が嬉しいですよね。
サーバーを提供されている会社さんでは、ドメインを「一つサービス」でつけていただけるところもあるので、こういったところは、ドメインを単独で取得するよりも、助かります。

公式サイト 大塚商会大塚商会 Webダイレクト アスカ エックスサーバー e-shops
カート2e-shopsカート2
エイブル
ネットエイブルネット テキストタグ
永久無料
ドメイン種類
多い 普通 普通 普通 少ない
サーバーの
サービス内容
WHOIS
代理公開
不可 汎用jp 属性jp
以外は無料
属性jp
以外は無料
不可 有料(名前等は代理不可)
サポート
備考 商用・法人
サイト向け
プランが豊富 個人・法人
サイト向け
ネットショップ
専用
VPSは
永久無料×

ドメイン取得のための注意点、おすすめの方法

サーバーの契約や金額は、恐らく低価格化が進んだり、サービス内容の充実を図られることが、今後も進むと思います。
そこで、サーバーとドメインを一緒に取得してしまうと、請求をまとめられるメリットは出ますが、サーバーを切り替える際に色々と手続きが必要になることが多く、デメリットもあります。
ホームページの管理も、業者に頼むことになる可能性があるのであれば、ドメインの取得と、サーバーの契約は別々にしておいた方が無難だと思います。