バーベキューの炭入れに、便利なチャック式の袋。持ち運びの時、周りを汚し難いのでお勧めです。

2020年5月17日

バーベキューの炭入れに、便利なチャック式の袋。持ち運びの時、周りを汚し難いのでお勧めです。

バーベキューに持ち運ぶ炭。
基本的には、箱詰めで売っていますよね♪


コーナン オリジナル コーナン オリジナル BBQ用 木炭 9Kg (約5~12cm)

大体、9kgの炭の箱は(380×290×270)位の大きさになっています。
バーベキューシーズン中に買った炭って、3~4人家族だと、9kgを2~3回で使う事が多いと思います。自分が「グリーンライフさんの七輪」でバーベキューをするときは、7~8回分になります。となると、炭をある程度の期間、保管をする事になります。
大体炭って、箱のテープを破ると、箱の中の炭が入っているビニール袋をしっかりと閉めたつもりでも、粉が出てきてしまいます。

そこで、自分は早くから、炭専用の持ち運びがしやすいケースを買っていました。

バーベキューの炭入れに、便利なチャック式の袋。持ち運びの時、周りを汚し難いのでお勧めです。

バーベキューの炭入れに、便利なチャック式の袋。

助手席のシートに乗る丁度良い大きさのチャック式のケース♪
折り畳みも出来るので、重宝します。


YOGOTO 収納ボックス アウトドア キャンプ コンテナボックス 30L トランクボックス ガーデニング 収納 車載 (ブラック)

「YOGOTO」さんのケースの大きさは、40×30×30cm
バーベキューの炭を新品で1ケース箱のまま入れられて、炭用のトングと、軍手1~2個も一緒に収納が出来るようになっています。昔は30cm近くある、ゴミハサミを使っていました。トングで網を持ち上げて、軍手で炭を足すのが手っ取り早やいので、今では、トングと、軍手を入れるようになりました。

後のお勧め点は、袋の防水性と通気性。
雨が多少かかっても、水がはじくような生地になっていました。
なので、シーズンを超えて炭を補完する際、食品用の乾燥材を入れて、チャックを閉めておくと、炭に火が付きやすく、1シーズンを超えても十分炭を使う事が出来ます。

自分は今は「キャプテンスタッグ」の炭専用のケースを使っています。
昔ほど、大人数でバーベキューをする事も、
バーベキューをする回数も減ったので、
6kgの一回り小さいサイズの袋にしました。
かなり長持ちしています。

バーベキューの炭入れに、便利なチャック式の袋。持ち運びも便利で、炭で周りを汚し難いのでお勧めです。


キャプテンスタッグ バーベキュー木炭バッグ6kg用