名古屋市金山の新堀川近くにある老舗和菓子店「餅文総本店」さんに行って来た!

2021年1月14日

名古屋市金山の新堀川近くにある老舗和菓子店「餅文総本店」さんに行ってきました♪

創業360年、徳川光友の時代から代々受け継がれている「ういろう(外郎)」が有名なお店です。

2020年11月22元日
所要で22日~23日にかけて、三重・名古屋入り。
その際利用をさせて頂いたお店が、「餅文総本店」の餅屋文蔵さんです。
熱田神宮と、金山の丁度間位にあるお店でした。

「餅文総本店」さんの料理、飲み物

今回購入をさせて頂いたのは「鬼まんういろ」
どちらも名古屋の名物で、コラボレーションした和菓子になっていました!
「鬼まん」は、角切りのサツマイモと小麦粉を同等量混ぜ合わせ作る、蒸し菓子の一つ。
「ういろう」も蒸し菓子の一種だけど、穀物系の粉と水と砂糖から作られる和菓子。

「鬼ようかん」は、
(黄色)は、サツマイモに、鳴門金時のペースト(黄色)が使われていて、
(黒色)は、黒糖を使って、作られているういろになっていました。
ゴロゴロのさつま芋の食感がいい感じ♪
ういろう独特のねっとりとした食感。これがまたイイんです!
(*´▽`*)

名古屋市金山新堀川近くにある老舗和菓子店「餅文総本店」さんに行ってきました♪ 創業360年、徳川光友の時代から代々受け継がれている「ういろう(外郎)」が有名なお店です。

「餅文総本店」さんの雰囲気

訪問をさせて頂いた「餅屋文蔵の店」さんは、コンクリート打ちっぱなしの外観で、今どきのモダン建築的な感じ♪店内は、老舗の和菓子屋さんの雰囲気になっており、独特な建築とお店の見せ方をされていらっしゃいました。
「餅文」さんは、名古屋市内に4店舗営業展開されていらっしゃるようで「東海道に近い餅文本店」さんと「桃山の東海道沿いの桃山店」さん、「塩釜口の八事店」さんもありました♪

名古屋市金山新堀川近くにある老舗和菓子店「餅文総本店」さんに行ってきました♪ 創業360年、徳川光友の時代から代々受け継がれている「ういろう(外郎)」が有名なお店です。

「餅文総本店」さんのおすすめポイント、まとめ

360年も続く老舗の和菓子屋さん。
「ういろう(外郎)」の加工方法を代々受け継ぎ守られています。
今回購入した季節限定のういろうも、四季の移り変わりに合わせて用意されていらっしゃるので、一度は訪問されてみて食べられてもよいかも♪

名古屋市金山新堀川近くにある老舗和菓子店「餅文総本店」さんに行ってきました♪ 創業360年、徳川光友の時代から代々受け継がれている「ういろう(外郎)」が有名なお店です。

「餅文総本店」さんの食べログリンク

昼の点数:3.5
[ 料理・味3.3 | サービス3.5 | 雰囲気3.4 | CP3.7 | 酒・ドリンク- ]
~¥999/ 1人
 

関連ランキング:和菓子 | 熱田駅西高蔵駅金山駅