WindowsでBlu-ray、DVD、ISO、4K&HD動画や音楽を5.1chや7.1chを無料再生できるソフト「LEAWO」

WindowsでBlu-ray、DVD、ISO、4K&HD動画や音楽を5.1chや7.1chを無料再生できるソフト「LEAWO」

Leawo Blu-ray Player」という名前が付けられている、Windows7,Windows8,Windows8.1,Windows10でBlu-ray、DVD、ISO、4K&HD動画や音楽を5.1chや7.1chを無料再生できるソフト「LEAWO」フリーのソフトウエアです。
パソコンからアンプへ5.1ch出力しているのに、通常のwindowsDVDプレーヤーなどでは、5.1ch出力ではなく2ch出力になっています。理由は、windowsDVDの音源がwave音源(2ch)になっているから。別でコーデック(映像・音声画像)などを準備する必要があります。それ以外にも、有料のDVDプレーヤーのソフトを使う必要があります。
そういったコーデックなどのダウンロード・準備する必要がなく、そのまま簡単にDVDやBlu-rayを再生できるソフトが「LEAWO」です。

5.1chや7.1chの動画再生ソフト「Leawo Blu-ray Player」

日本初の無料のブルーレイ再生ソフトです
「LEAWO」のメーカーサイトでは


日本初の無料なブルーレイ再生ソフトとして、Leawo Blu-ray PlayerはWindows10/8.1/8/7パソコンで高画質かつ高速にBlu-rayディスク(BDMVもBDAVも)、Blu-rayフォルダ、ISOファイルを再生できます。もちろんDVDディスク/DVDフォルダ/ISOファイルやMP4、WMV、AVI、AVC、MTS、MKV、M4A、AVCHD、MPEGなど形式の動画(1080P HD動画)もサポートでき、美しく再生できます。その他、Leawo Blu-ray Playerは完全無料な4K動画プレーヤーとして、4KディスプレイでMKV/MP4/TSフォーマットの4Kビデオをオリジナル画質(音質)をそのままでキップして完璧に再生可能。最新リリースされたブルーレイ/DVDであっても、.m2tsファイルであっても、Leawo Blu-ray Playerは最速の読み込み速度や無損画質及びDTS-5.1オーディオと高音質の立体音をサポートして、品質を損なうことなく再生できます。

簡潔で使いやすいインターフェース、それに加えて、外部字幕の追加、音声デコード(Dolby/DTS/AAC/TrueHD/DTS-HDなど)の調整、スキンの変更などの便利機能も備えて、プラグインやポップアップ広告、ワーターマック等一切組み込まなく、100%安全に利用可能でき、Leawo フリーブルーレイ再生ソフトはPCで最高の視聴体験を提供することが保証されます。


とPRされている製品になります。
かなり優秀なソフトです。
先日
ONKYO(オンキョー・音響)さんのオーディオカードSE-200PCI LTD」に続いて、
BASE-V20Xを買った!」と
GX-77M(B) /ブラックを買った!」から整理をすることにした、windows10に対応をしている、DVDを5.1ch再生するソフトを今回まとめることにしました。

WindowsでBlu-ray、DVD、ISO、4K&HD動画や音楽を5.1chや7.1chを無料再生できるソフト「LEAWO」

動画再生ソフト「Leawo Blu-ray Player」とは

「Leawo Blu-ray Player」は、Blu-rayやDVDの音楽ソフトだけではなく、ビデオ画像などのISOデータも再生できる点はとても助かります。
昔は、「GOMplayer」を愛用していて、次に使い始めたのが「VLC Media Player」
通常の動画再生などには、「VLC Media Player」メディアプレイヤーもおすすめです。
「VLC Media Player」は、ヘッドフォンであれば、疑似5.1chの再生もしてくれるソフト。ヘッドフォンで音楽を聴くときや、2chでの通常の音楽再生には、「VLC Media Player」で十分です。
DVDで5.1の映画を見る際に、「Leawo Blu-ray Player」を使います。

「Leawo Blu-ray Player」の設定画面のオーディオ出力の設定で、スピーカー調整のタブから、5.1chや7.1chなど音楽再生ソースの設定に合わせるだけ!という、とても簡単に設定が出来るようになっています。
メニュー画面が、日本語対応になっているので、使い勝手もよいです。

「Leawo Blu-ray Player」は7.1chヘッドセットでも性能を発揮!

先日購入をした「web会議用に PHILIPS Bass+「SHL3075RD」とBengoo ゲーミングヘッドセットを買いました!」で紹介をしました、Bengooのヘッドセットもある程度の3Dサラウンドサウンドに対応をしています。

 

 

Bengoo ゲーミングヘッドセット ps4 ヘッドセット ps5 ヘッドセット ゲーミングヘッドホン ヘッドホン 有線 マイク付きヘッドホン ヘッドフォン 重低音 高音質 3.5mm端子 PS4 PS5 PCに対応 G9000 レッド 

しかしながら、せっかく良い再生ソフトを準備したのであれば、5.1chや7.1chにちゃんと対応をしている、高性能ヘッドセットを使うのもおすすめ♪

昔人間なので、ヘッドフォンと言えば思いつくのはこの2社
一つ目は「オーディオテクニカ
昔から熱狂的なファンの方がいらっしゃる、東京新宿発祥のステレオカートリッジメーカーです。国内の音響機器製造メーカーの大元を作られている会社と言っても過言ではない、国産メーカーのヘッドフォンです。

 

audio-technica デジタルワイヤレスヘッドホンシステム Bluetooth ハイレゾ音源対応 ATH-DWL770 

もう一つは「SONY
携帯型音楽再生機を「ウォークマン(TM)」と呼ばれるほど、有名な商品を作り上げたソニーの作られているヘッドフォン。高級機種になると9.1chの再生能力もある「ソニー 9.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS」もラインナップに持たれています。

 

ソニー 7.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 2018年モデル WH-L600 

プロも使われる業務用のヘッドフォンは「オーディオテクニカ」か「ソニー」と言われるほどの超有名なヘッドフォンメーカー。勿論「らっき~亭」にも、3.5万円ほどのソニーのヘッドフォンがありましたが、これもジャイアンが、一人暮らしを始める時に、勝手に持って行ったので、家には残っていません。

そして、ゲーミングなどでも使える、マイク付きのヘッドフォン(ヘッドセット)は、この2つ。
パソコンの周辺機器を色々と作られている「Razer Thresher(中国)」と「Logicool(スイス)

「Razer Thresher」は、比較的高価な製品を中心に作られているイメージがあります。
ワイヤレスなので、音楽を聴きながら他の作業もできる、使いやすさを感じます。eスポーツ(ゲーム大会)での景品でも人気があるようで、スポンサーとして名前が挙がっているのをときどき見かけます。

 

 

Razer Thresher Ultimate for PS4 (R) DOLBY + 7.1 サラウンド ワイヤレスヘッドセット PS4 PS5 【日本正規代理店保証品】RZ04-01590100-R3A1 10.39 x 19.61 x 21.41 cm 

「Logicool」は、本国スイスではロジテックという会社名。
どちらかというと安価な製品から、安価でもそこそこの性能を持つ製品を作られているイメージの会社。ロジクールの980円のスピーカーは10年以上使えました。有線タイプのこちらのヘッドセットは、パソコンの前で作業をされるには十分すぎるスペックの製品だと思います。

 

Logicool G ロジクール G PRO X ゲーミングヘッドセット G-PHS-003 PS5 PS4 PC Switch Xbox 有線 Dolby 7.1ch 3.5mm usb Blue VO!CE搭載高性能 マイク付き 国内正規品